光触媒

  光触媒(ひかりしょくばい)とは、紫外線が当たることで、それ自身は変化せず化学反応を促進させる物質のこと。
環境ビジネス用語辞典 > エコ・環境技術 > 光触媒
光触媒は光があたることで、表面上で酸化力を作り出しそれに触れた有害物質等を分解できる性質を持っている。
こうした性質から、光触媒は防臭・抗菌・大気汚染の解消・浄水効果があるとして空気清浄機や様々な家庭用品にも応用されている。代表的な光触媒としては「酸化チタン」が知られている。
近年では、排気ガスなどによる窒素酸化物の分解作用を応用する形で、交通量の多い道路に光触媒を塗布することで大気中の有害物質を分解する方法などに付いても研究が進められている。
環境ビジネス用語辞典 > エコ・環境技術 > 光触媒
ページの先頭↑

Copyright 2009-2019 環境ビジネス用語辞典 Allrights reserved.