電気式暖房器具

  電気式暖房器具(でんきしきだんぼうきぐ)とは、電気の力により熱を発する暖房器具の総称。
環境ビジネス用語辞典 > 冷房・暖房 > 電気式暖房器具
大きく、熱を作って部屋を暖めるタイプ(蓄熱暖房、オイルヒーター、セラミックファンヒーター)、赤外線により対象を暖めるタイプ(電気ストーブ、ハロゲンヒーター、遠赤パネルヒーター)、ヒートポンプ技術(熱交換)を使ったもの(エアコン)がある。
電気式の暖房器具は石油式暖房器具、ガス式暖房器具と比較してコストパフォーマンスが悪いとされている(エアコンを除く)。ただし、割安な深夜電力を活用した経済的な器具も存在する他、速暖性や安全性などを重視する風潮から、近年はシェアを伸ばしている。
環境ビジネス用語辞典 > 冷房・暖房 > 電気式暖房器具
ページの先頭↑

Copyright 2009-2019 環境ビジネス用語辞典 Allrights reserved.