風力発電

  風力発電(ふうりょくはつでん:Wind power generation)とは、自然の風のエネルギーを風車のしくみで回転エネルギーに変換し、さらにその回転エネルギーにより発電機を回すことにより電気エネルギーを生み出す発電システムのことを指す。
環境ビジネス用語辞典 > クリーンエネルギー > 風力発電
風力は再生可能エネルギーの一種であり、これを活用する風力発電はクリーンエネルギーの一つに数えられる。
発電の際に二酸化炭素(Co2)を排出しないため、地球温暖化の防止に役立つ次世代エネルギーの一つに挙げられているが、風という不安定なエネルギーを利用するため発電量のばらつきや設置場所などの問題点も指摘されている。
一方でクリーンエネルギーの中では高い採算性や効率性をもつため、将来的な普及が望まれる発電方式である。
環境ビジネス用語辞典 > クリーンエネルギー > 風力発電
ページの先頭↑

Copyright 2009-2019 環境ビジネス用語辞典 Allrights reserved.