エネルギーペイバックタイム

  エネルギーペイバックタイム(Energy Payback Time :EPT)とは、エネルギー生産設備の性能を示す指標の一つ。
環境ビジネス用語辞典 > クリーンエネルギー > エネルギーペイバックタイム
特定のエネルギー設備に対して、直接的・間接的に投入したエネルギーを、その設備が生み出すエネルギーによって回収できるまでの運転期間のこと。
発電所、省エネ設備などのライフサイクルアセスメント(LCA)に用いられる。風力発電や太陽光発電などのようなクリーンエネルギーの生産設備や、ハイブリッドカーなどのエコカーに対する環境評価にも用いられ、製造によるCo2の発生量をクリーンエネルギーの生産によるCo2の削減により何年で回収可能かを計算するなどに用いられる。
エネルギーペイバックタイム(EPT)が短い設備ほど性能が良いことを示している。なお類似の指標として設備の寿命を含めて、投入エネルギーと寿命期間における総生産エネルギーの比である「エネルギー収支比(EPR)」がある。
【お買い物マラソン★超目玉】TEVA テバ Hurricane ハリケーン 4 1093379 1093378 XLT 4156 メンズ レディース アウトドア... (円)
環境ビジネス用語辞典 > クリーンエネルギー > エネルギーペイバックタイム
ページの先頭↑

Copyright 2009-2018 環境ビジネス用語辞典 Allrights reserved.