ビオトープ管理士

  ビオトープ管理士(びおとーぷかんりし)とは、「ビオトープ(生物空間・生物生息空間)」を管理する資格であり、生物がすみやすい環境を守ることを指す。
環境ビジネス用語辞典 > 環境関連の資格 > ビオトープ管理士
ビオトープ管理士はそうした自然を守るための研究、調査、教育などの活動や提案を行う者。
財団法人、日本生態系調査協会が資格認定を行っており、近年は環境省の入札要件ともなっており重要度が上昇している。1級と2級があり、さらにそれぞれの級で計画管理士・施工管理士の二種類が存在している。
環境ビジネス用語辞典 > 環境関連の資格 > ビオトープ管理士
ページの先頭↑

Copyright 2009-2019 環境ビジネス用語辞典 Allrights reserved.