トップランナー方式

  トップランナー方式(とっぷらんなーほうしき)とは、省エネ法に基づいて機器等のエネルギー消費効率基準を作成する方法のこと。
環境ビジネス用語辞典 > 法律・条例・制度 > トップランナー方式
様々な機器についての基準を設定する際には、すでに商品化されている製品の中でも最も省エネ性能がすぐれた商品を基準にするという制度。
1999年に施行された改正省エネ法で導入されており、この基準に達していない商品を販売し続ける企業・業者については、社名および製品名の公開や罰金などの罰則が課せられる。
環境ビジネス用語辞典 > 法律・条例・制度 > トップランナー方式
ページの先頭↑

Copyright 2009-2019 環境ビジネス用語辞典 Allrights reserved.