複層ガラス

  複層ガラス(ふくそうがらす)とは、2枚のガラスを張り合わせ、さらにそのガラスとガラスの間に空気の層を作っている1枚のガラスサッシのことを指す。
環境ビジネス用語辞典 > 省エネ商品・製品 > 複層ガラス
見た目は一般の窓ガラス(単層ガラス)と代わらないが、高い断熱効果や結露の予防効果などがある。
なお、ペアガラスという名称で呼ばれることもあるが、この呼び方は「旭硝子株式会社」の登録商標となっているため、商品カテゴリとしては「複層ガラス」が正しい。
通常、ガラス間の空気層には乾燥空気が封入されているものが多いが、一部製品にはさらに高い断熱性を高めるためのアルゴンガスなどが封入されているものもある。
環境ビジネス用語辞典 > 省エネ商品・製品 > 複層ガラス
ページの先頭↑

Copyright 2009-2019 環境ビジネス用語辞典 Allrights reserved.