高気密高断熱

  高気密高断熱(こうきみつこうだんねつ)とは、住宅建築の際に気密性を高めた上で断熱性能も高めるという住宅のこと。
環境ビジネス用語辞典 > 住宅設備 > 高気密高断熱
従来の日本式の住宅は機密性が低い住宅が多かったが、近年ではエアコンの普及や受託の欧米化などにより高気密高断熱住宅が増えている。
こうした高気密高断熱の住宅については、冷暖房の効きが良くなるという利点があるが、気密性が高い=空気の入れ替えがしにくいということから、石油ストーブ利用時には一酸化炭素中毒などのリスクが高まる。また、シックハウス症候群の顕在化などもリスクとして挙げられる。
そのため、現在では、機械換気(24時間換気)が義務化されている。
環境ビジネス用語辞典 > 住宅設備 > 高気密高断熱
ページの先頭↑

Copyright 2009-2019 環境ビジネス用語辞典 Allrights reserved.