結露

  結露(けつろ)とは、空気中に存在する水蒸気(水分)が飽和することにより水滴となること。
環境ビジネス用語辞典 > 冷房・暖房 > 結露
通常住宅の室内は空気の温度よりも壁面温度の方が温度が低くなる。そのため、暖められた空気が冷たい壁面に触れる事で、飽和状態となり水滴が付く現象。
氷水の入ったグラスに水滴が付くのと同じ原理。特に、高気密住宅、高断熱住宅などに起こりやすい。最も結露が起きるのが外気と直接触れており熱の伝導性が高い「窓ガラス」である。そのため、結露予防用の窓ガラスとして「複層ガラス」や「二重サッシ」などがある。こうしたガラスは断熱性を高め空気の層を作る事で結露を予防する。
また、こまめに換気をおこなうことも結露予防対策の一つとして重要なポイントでもある。
環境ビジネス用語辞典 > 冷房・暖房 > 結露
ページの先頭↑

Copyright 2009-2019 環境ビジネス用語辞典 Allrights reserved.