ラジエントヒーター

  ラジエントヒーターとは、渦巻状のニクロム線をフラットなプレートの下に配置した調理器具。
環境ビジネス用語辞典 > オール電化 > ラジエントヒーター
通電することでおよそ数秒間で発熱し、従来までの電気コンロ(シーズーヒーターなど)と比較しても短い時間で調理が可能となっている。ニクロムヒーターとシーズヒーターの良い点をあわせたような電気調理器具。
IHクッキングヒーターにおけるサブコンロとしても利用されており、3口以上のビルトインタイプのIHクッキングヒーターは1口がラジエントヒーターとなっているものも多い。
直接熱を出す構造となっているため、炙るなどの調理が可能となる。また、IHクッキングヒーターでは利用できない土鍋など電気を通さない鍋も使用可能という特徴がある。
もちろん、ラジエントヒーター単体として3口コンロとして販売されているケースもある。
環境ビジネス用語辞典 > オール電化 > ラジエントヒーター
ページの先頭↑

Copyright 2009-2019 環境ビジネス用語辞典 Allrights reserved.