オールメタル対応

  オールメタル対応(All Metals)とは、IHクッキングヒーターにおいて従来まで対応できなかったアルミや銅といった鍋も利用可能としたIHクッキングヒーターの機能の一つである。
環境ビジネス用語辞典 > オール電化 > オールメタル対応
オールメタル対応のIHクッキングヒーターにすることで、金属製の鍋であれば全ての鍋・フライパンが利用可能となる。
オールメタル対応のIHクッキングヒーターにすることにより、従来のガス調理器で利用していた鍋などが引き続き利用可能であるというメリットがある。
そもそもIHクッキングヒーターは、鍋の底に電気抵抗を起こして熱を生み出す調理器具です。従来のIHでは対応できなかった、アルミや銅などの金属鍋は電気抵抗が小さいため、調理に必要な熱を生み出すことができなかった。
そこで開発されたオールメタル対応のIHクッキングヒーターは、コンロの上に乗せられた鍋を自動的に判別した上で、乗せられた鍋が電気抵抗の少ないものであれば、より大きな電磁線を流すことにより小さい電気抵抗でも大きな熱を生み出すように工夫されている。
メリット
・従来まで利用していたガラス・土鍋以外の金属製の鍋がすべて利用可能。
デメリット
・機器の代金が、非オールメタルのIHクッキングヒーターより高い。
・アルミや銅を使った場合、他の金属鍋よりも多くの電気を消費する。
環境ビジネス用語辞典 > オール電化 > オールメタル対応
ページの先頭↑

Copyright 2009-2019 環境ビジネス用語辞典 Allrights reserved.