熱損失係数

  熱損失係数(ねつそんしつけいすう:Q値)とは、住宅における断熱性能を数値により示したもの。
環境ビジネス用語辞典 > 統計・指標 > 熱損失係数
Q値が小さいほど断熱性能が高いということになる。熱損失係数の計算方法は外壁、天井、床などによる熱損失量を計算し、各部の損失量を合計したものを述べ床面積で割ることで計算できる。
次世代省エネ基準においては地域によってこの熱損失係数について基準を設けている。
Q値=住宅から逃げる熱の総量÷床面積
Q値を下げるには断熱材などを使って熱の逃げる量を減らすほか、窓を複層ガラスにしたり二重サッシにしたりする事で窓からの熱の移動を減らす事で下げることができる。
国産 天然水仕込みの炭酸水(500mL*24本入)【送料無料(北海道、沖縄を除く)】 (円)
環境ビジネス用語辞典 > 統計・指標 > 熱損失係数
ページの先頭↑

Copyright 2009-2018 環境ビジネス用語辞典 Allrights reserved.