3R

  3R(さんあーる)とは、ゴミを出さない(Reduce)、再利用する(Reuse)、リサイクルする(Recycle)の頭文字をとった環境活動のこと。
環境ビジネス用語辞典 > エコ・環境活動一般 > 3R
上記の優先順位、リデュース、リユース、リサイクルの順に取り組むべき普段の行動指針を示している。
ゴミを出さない(Reduce:リデュース)
そもそもゴミを出さないように努力すること。ゴミがでるような過剰包装を断る、レジ袋をもらわずにエコバックを持ち歩くなどが挙げられる。
再利用する(Reuse:リユース)
自分が使わなくなったものでも、誰か他の人にとっては有用なものかもしれない。不用品は捨てるのではなくバザーに出す、リサイクルショップに販売するなどが挙げられる。また、ぼろぼろになったタオルを雑巾として再利用するのも一つである。
リサイクルする(Recycle:リサイクル)
ゴミとして出さなくてはならないものについても、廃品回収などを活用してできうる限りリサイクルできるようにするというもの。
上記の3Rに加えて、修理(Repair:リペア)、改修(Reform:リフォーム)、貸借(Rental:レンタル)、中古品購入(Rebuy:リバイ)などを加えて4R、5Rなどと呼ぶこともある。
環境ビジネス用語辞典 > エコ・環境活動一般 > 3R
ページの先頭↑

Copyright 2009-2019 環境ビジネス用語辞典 Allrights reserved.