温室効果ガス

  温室効果ガス(おんしつこうかがす:Greenhouse Gases)とは、大気中に存在する気体(ガス)の中でも、太陽の熱を地球にとどめて地表を暖める働きがあるガスのことを温室効果ガスと呼ぶ。
環境ビジネス用語辞典 > 地球温暖化 > 温室効果ガス
温室効果ガスがあるおかげで地表の温度は一定に保たれているが量の増加による地球温暖化が危惧されている。
97年の気候変動枠組条約締結国会議(COP3)で採択された京都議定書によると、二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、一酸化窒素(N2O)、ハイドロフルオロカーボン類、パーフルオロカーボン類、六フッ化硫黄の6種類が定義されている。
IPCC第4次評価報告書によると、地球温暖化に対して最も大きな影響を与えている温室効果ガスは二酸化炭素(CO2)であるとされている。
環境ビジネス用語辞典 > 地球温暖化 > 温室効果ガス
ページの先頭↑

Copyright 2009-2019 環境ビジネス用語辞典 Allrights reserved.