化石燃料

  化石燃料(かせきねんりょう)とは、石油・石炭・天然ガスなどに代表される燃料資源のこと。
環境ビジネス用語辞典 > 燃料・エネルギー > 化石燃料
非再生資源であり、人間の活動に必要なエネルギーの大部分をこの化石燃料に頼っている。一方で、資源自体が有限であることや化石燃料の燃焼は温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)などを排出するなどの点からも問題視されている。
上記の点から、化石燃料に頼らないエネルギーの確保が近々の課題となっている。そういった意味で再生可能エネルギーである太陽光発電、風力発電、水力発電などが代表的。これら以外にも、地熱、潮流、バイオマスなど様々な分野での研究開発が進められている。
環境ビジネス用語辞典 > 燃料・エネルギー > 化石燃料
ページの先頭↑

Copyright 2009-2019 環境ビジネス用語辞典 Allrights reserved.