再生可能エネルギー

  再生可能エネルギー(さいせいかのうえねるぎー:Renewable Energy)とは、自然界に存在しており、かつ繰り返し起こる現象によるエネルギーを指す。
環境ビジネス用語辞典 > クリーンエネルギー > 再生可能エネルギー
例えば、太陽の光や熱などは太陽が存在する限り得られるもので、この光エネルギーや熱エネルギーを再生可能エネルギーと呼ぶ。
地球にある限りある資源を使わずに利用可能であるため、化石燃料(石油・石炭・天然ガスあるいはこれらを加工することによりできるガソリン、灯油など)やウランなどを使うことなく、エネルギーを作り出すことが可能であるとして注目されている。
また、エネルギー確保という問題以外にも、地球温暖化などの環境面の対策からも重要視されている。化石燃料を燃焼させると、二酸化炭素(CO2)が発生するが、太陽光発電や風力発電などは炭素を燃焼させないため、CO2の排出を行わない。(当然、製造・運搬時などには二酸化炭素を排出する。それらはEPT(エネルギーペイバックタイム)やEPR(エネルギー収支比)などのライフサイクルアセスメントで評価されている)
再生可能エネルギーとしては「太陽光」「太陽熱」「風力」「水力」「地熱」「バイオマス」などが挙げられる。
なお、バイオマス燃料などで運用される「燃料電池」なども再生可能エネルギーと分類される。
環境ビジネス用語辞典 > クリーンエネルギー > 再生可能エネルギー
ページの先頭↑

Copyright 2009-2019 環境ビジネス用語辞典 Allrights reserved.