IHクッキングヒーター

  IHクッキングヒーター(Induction Heating)とは、電磁調理器とも呼ばれる調理器具の一つ。
環境ビジネス用語辞典 > オール電化 > IHクッキングヒーター
ガスを使うことなく、電磁誘導を利用することで鍋を直接加熱するシステムによる調理器具のこと。オール電化住宅による一般的なコンロとして利用されている。
火を使わないことによる火事やガス漏れなどのリスクがない安全性や、鍋底を直接加熱するというシステムによる高効率な調理システムが特長である。
一方で、電磁誘導がきかない銅やアルミの場合はIHが使えない(一部のオールメタル対応のIHは利用可能)、土鍋などの非金属の鍋は利用できないなどのデメリットもある。(最近では土鍋側に工夫をすることでIHクッキングヒーターで調理可能な土鍋も販売されている。IHサーマテック)
IHクッキングヒーターは大きく「ビルトインタイプ(埋め込み型)」と「据え置き型」と「卓上型」の三種類がある。一般的には、ビルトインタイプの方が多機能であることが多い。
最近では、3口IHクッキングヒーターは1口がラジエントヒーターとなっているケースも多く見られる。
環境ビジネス用語辞典 > オール電化 > IHクッキングヒーター
ページの先頭↑

Copyright 2009-2019 環境ビジネス用語辞典 Allrights reserved.