エコウィル

  エコウィル(Eco Will)とは、ガスの力を使ってお湯を沸かすだけでなく、一緒に電気も作るという省エネ設備(コージェネレーションシステム)の一つ。
環境ビジネス用語辞典 > 燃料電池・エネファーム・ガス > エコウィル
ガスというエネルギー源から電気と熱という二つのエネルギーを作り出すシステムの一つ。小型ガスエンジン発電。
エコウィルは発電機をまわして電気とお湯を作るシステムとなっており、お湯をたくさん使う時間帯(家庭の活動時間帯)に電気も作るため、無駄なく電気を作ることができる。ちなみに、太陽光発電システムの場合と異なり、エコウィルで発電した電気を売電することはできない。(電気が余った場合は貯湯タンクのヒーターにまわされる)
こうした点からガス温水式の床暖房導入を検討している家庭や、システム上多くのお湯を沸かせるため、お湯の使用量が多い家庭に向いてるシステムといえる。
エコウィルの環境性能としては、自宅で発電するため効率的に電気を使うことができるという点が挙げられる。(電力会社の発電した電気と比べて送電時のロスがない)
環境ビジネス用語辞典 > 燃料電池・エネファーム・ガス > エコウィル
ページの先頭↑

Copyright 2009-2019 環境ビジネス用語辞典 Allrights reserved.