コージェネレーションシステム

  コージェネレーションシステム(Cogeneration System:Combined Heat and Power)とは、内燃機関・外燃機関の排熱を利用して、動力を取り出すことで総合的なエネルギー効率を高めるエネルギー供給システムの一つ。
環境ビジネス用語辞典 > エコ・環境技術 > コージェネレーションシステム
コージェネと略して呼ばれることも多い。代表的なシステムとしては自動車やエコウィル(ガスコージェネレーションシステム)、エネファーム(燃料電池コージェネレーションシステム)などが挙げられる。
例えば自動車の場合、エンジンをまわして推進動力を得るだけでなく、エアコンやカーオーディオなどのための電力も作り出している。エコウィル・エネファームは、給湯(熱)だけでなく、電気も同時作り出している。
こうしたシステムをコージェネレーションシステムと呼び、総合的なエネルギー効率を高めるシステムとされている。
なお、コージェネレーションをさらに発展させて、排出される二酸化炭素(CO2)を温室栽培に利用するというトリジェネレーションという考え方もある。
環境ビジネス用語辞典 > エコ・環境技術 > コージェネレーションシステム
ページの先頭↑

Copyright 2009-2019 環境ビジネス用語辞典 Allrights reserved.