変換効率(太陽電池)

  変換効率(へんかんこうりつ)とは、太陽光発電システムにおいて、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換したときの変換割合のことを指す。
環境ビジネス用語辞典 > 太陽光発電・ソーラーシステム > 変換効率(太陽電池)
変換効率が高いものほど、より効果的に電気を作ることができる。
面積が1cm2の太陽電池(セル)に対して光エネルギーが当たった場合の最大電力が変換効率となる。
変換効率=出力電気エネルギー(W)÷太陽光エネルギー(W)×100
以上の計算式となり、100Wの光エネルギーがあたった場合に、10Wの電力が得られ場合の変換効率は10%となる。
なお、1枚のセルに対するものを「セル効率」、太陽電池モジュール単位に対するものを「モジュール効率」とも呼ぶ。一般的にセル効率は、太陽電池の種類によって異なるが、おおyそ10-20%程度である。
太陽電池の変換効率は様々な条件により変動する。例えばモジュールの温度が上がりすぎた場合は発電効率が低下するなどが代表的。そのため、真夏よりも春先や秋口の方が発電量は大きくなる。
環境ビジネス用語辞典 > 太陽光発電・ソーラーシステム > 変換効率(太陽電池)
ページの先頭↑

Copyright 2009-2019 環境ビジネス用語辞典 Allrights reserved.