太陽熱温水器

  太陽熱温水器(たいようねつおんすいき:)とは、ソーラーシステムとも呼ばれ、太陽熱により水をあたためる温水器の一種。
環境ビジネス用語辞典 > 太陽光発電・ソーラーシステム > 太陽熱温水器
太陽の光エネルギーという再生可能エネルギーを変換効率50%以上で利用可能な太陽エネルギーの利用技術で、温室効果ガスの削減効果も期待できる省エネ機器である。
太陽光発電システムのエネルギー効率が20%前後であることからみれば、技術としてはかなり完成している。一方で、作り出せるのが利用に応用が利く電気ではなく、熱(温水)であるためやや用途が制限されてしまうというデメリットがある。一体型、分離型の他にも、ヒートポンプ技術により冷媒を移動させることで冷暖房機能をもつ「ソーラーヒートポンプ」という技術もある。
環境ビジネス用語辞典 > 太陽光発電・ソーラーシステム > 太陽熱温水器
ページの先頭↑

Copyright 2009-2019 環境ビジネス用語辞典 Allrights reserved.