ソーラーヒートポンプ

  ソーラーヒートポンプ(Solar Heat-pomp)とは、太陽熱温水器で作られる温水を給湯として直接利用するのではなく、その温水を利用して冷媒を強制循環させることにより、給湯・暖房・冷房の三つの機能を有することができる太陽熱利用機器である。
環境ビジネス用語辞典 > 太陽光発電・ソーラーシステム > ソーラーヒートポンプ
太陽熱温水器と比較すると構造が複雑化することから設置コストが高いのがデメリットとして挙げられるが、省エネ性能の高さから補助制度・助成制度を受けることができる。

Copyright 2009-2019 環境ビジネス用語辞典 Allrights reserved.