液化天然ガス

  液化天然ガス(えきかてんねんがす:Liquefied Natural Gas)とはLNGとも呼ばれる。
環境ビジネス用語辞典 > 燃料・エネルギー > 液化天然ガス
メタンを主成分とする天然ガスを冷却し液化したもの。体積が1/600にまで小さくなるため輸送に適している。また、石油や石炭などの化石燃料と比較して燃焼時の二酸化炭素(CO2)排出量が少ないため、クリーンエネルギーの一つとして利用されている。
現在では都市ガスの原料や火力発電所でのエネルギー、液化天然ガス自動車としても利用されている。
環境ビジネス用語辞典 > 燃料・エネルギー > 液化天然ガス
ページの先頭↑

Copyright 2009-2019 環境ビジネス用語辞典 Allrights reserved.