発電効率

  発電効率(はつでんこうりつ)とは、発電所(火力発電・水力発電・原子力発電)や太陽光発電システムなどにおいて、利用するエネルギーに対してどのくらいの割合を電気エネルギーに変換することができるのかをあらわす指標のこと。
環境ビジネス用語辞典 > 電気・電力 > 発電効率
たとえば、100というエネルギーを利用して、30のエネルギーを電気として取り出すことができた場合の発電効率は30%ということになる。火力発電の場合は投下した石油が持つエネルギー量(燃焼時のカロリー)を、どれくらい電気エネルギーに変換することができるのかをあらわす。
発電効率が高いほど、より効率的な発電設備といえる。
環境ビジネス用語辞典 > 電気・電力 > 発電効率
ページの先頭↑

Copyright 2009-2019 環境ビジネス用語辞典 Allrights reserved.