燃料電池

  燃料電池(ねんりょうでんち:fuel cell)とは、電気化学反応により電力を得る電池の一種。
環境ビジネス用語辞典 > 燃料電池・エネファーム・ガス > 燃料電池
一般的な一時電池(乾電池など)や蓄電池(二次電池)とは異なり、水素と酸素を供給することで電力を取り出すことが可能な化学電池の一種。
化学エネルギーを電気エネルギーに変換することが可能で、スケールメリットが小さいため、システムの大きさに依存せずに、様々なエネルギー源として期待されている。燃料電池は、一般に水素と酸素による化学反応(電気分解の逆反応)により電力を作り出すが、この方式以外の方法もいくつか存在している。
現在は民生用の燃料電池として、住宅用のコージェネレーションシステム(エネファーム)が販売されている他、燃料電池による電力を動力源とする燃料電池車などの開発も進められている。
環境ビジネス用語辞典 > 燃料電池・エネファーム・ガス > 燃料電池
ページの先頭↑

Copyright 2009-2019 環境ビジネス用語辞典 Allrights reserved.