リデュース(3R)

  リデュース(Reduce)とは、3Rにおける一つで、ゴミを出さない、減らすということを指す。
環境ビジネス用語辞典 > エコ・環境活動一般 > リデュース(3R)
3Rの中で最も重要な概念であるとされる。経済活動において、ゴミとなるものを利用しなければ、その後の再使用(リユース)や再生(リサイクル)も不要であるからである。
リデュース活動としては、過剰包装の拒否、レジ袋をもらわないためにエコバッグ(マイバッグ)を持ち歩く、必要ないものはそもそも買わない、詰め替え商品を購入する、商品はしっかりと使い切るなどが代表的な活動として挙げられる。
循環型社会を形成する上でも重要な概念である。
「untitled」 (初回限定盤 CD+DVD) [ 嵐 ] (円)
環境ビジネス用語辞典 > エコ・環境活動一般 > リデュース(3R)
ページの先頭↑

Copyright 2009-2017 環境ビジネス用語辞典 Allrights reserved.